ファッション 3Dプリンティング|Iris van Herpenが3Dプリントされたウェアラブルドレスでファッションショーに華を添える

ファッション 3Dプリンティング|Iris van Herpenが3Dプリントされたウェアラブルドレスでファッションショーに華を添える
2021-06-28

オランダの新鋭デザイナー、アイリス・ヴァン・ヘルペンは、3Dプリントを服作りに活用した先駆者として知られています。彼女のデザインは、テクノロジーと伝統的なクチュールのクラフツマンシップを融合させることで、常に過去と未来を融合させ、現在をユニークに表現しています。

 


 

 

 

アイリスは、硬くて冷たい素材を切ったり、ねじったりして、3Dモデリングなどの現代のハイテクを駆使し、超強力なビジュアルインパクトを与え、その時代の文化的生活や美的特徴を直接的または間接的に表現します。3Dプリントなどのハイテク技術は、彼女のデザインを超強力なビジュアルインパクトで活性化させ、古代のクラフトマンシップと現代の若返りを完璧に融合させます。

 


 

 


3Dプリントとテーラリング技術の組み合わせは、ファッションデザインの限界を広げます。アイリスは、ニューヨークのアーティストで元NASAのエンジニアであるキム・キーバー氏とのコラボレーションにより、3Dプリントされた顔の輪郭を表すジュエリーや、半透明のユーロセックスを使用した雲のようなドレスを制作し、デザイン全体をスタイリッシュでミステリアスなものにしています。正確な3Dプリント技術により、エレガントなガーゼ素材が洗練されたデザインと見事に融合しています。

 

 

 

 


3Dプリントとファッションの分野では、Iris Van Herpen氏と科学者が、3Dプリントされたプラスチックと天然繊維を組み合わせる方法を開発しました。研究チームは、マルチマテリアルのPolyjet 3Dプリンティング技術を用いて、合成樹脂の構造体をチュール(厚さわずか0.8mm)にプリントしました。プリントの過程で、樹脂の液滴が沈殿し、その後、紫外線で硬化します。デザイナーは、異なる物質の液滴を介在させることで、素材の色や透明度を変えることができます。衣服を修正することは、デザイン上の必要性だけでなく、技術的進歩のさらなる顕在化でもあります。3Dプリントされた衣服は、人体の曲線を反映するだけでなく、衣服を適切に研磨することもできます。

 

 

 

 


2013年、Victoria's secretは、雪の結晶型のヘッドウェアと氷の結晶型のウェアを主な形状とする3Dプリント下着を展示しました。このデザインコンセプトは、主に実現可能性の原則に基づいています。人々は、暑い夏にスカーフなどの衣類を選ばずに、ネックレスやブローチなどを選んで装飾するのです。

 


 

 


ファッション業界

 


ニューバランスは、3Dプリンターを最大限に活用し、3Dプリンターで作られたミッドソールを搭載したスニーカーを製造しています。ニューバランスは、外見だけでなく、靴の性能や履き心地の向上にも気を配りたいと考えています。3DプリントされたTripleCellヒールを搭載した新発売のクラシックシューズ「990 Sport」は、3Dプリント素材の優位性により、より軽く、よりサポート性が高く、より耐久性に優れています。

 


 

 

 

ジュエリー業界では、Peter Donders氏が3Dプリントの無限性を活かした仕事をしている代表的な例です。Peter Donders氏は、家具のデザインと製作の経験から、3Dモデリングソフトウェアと3Dプリンタの活用方法を熟知しています。彼は自分のブランドのジュエリーをデザイン・開発していますが、「本当は3Dプリンターでファッションジュエリーのコレクションを作るつもりはなかったんです。誰かに小さなものを作ってくれと頼まれて、その後、計画が少し狂ってしまいました。結局、3Dプリントのコレクションができてしまいました」。

 


 

 


3Dプリントの技術は、衣服の分野でも成熟してきています。2Dでは実現が難しい構造や形状も、3Dでは実現可能です。このユニークな成形方法が、新たな造形言語や美観の変化をもたらすことは想像に難くありません。 

 


 

 

無料カウンセリング
ご質問があれば、ご遠慮なくメールでご連絡ください。
ご質問やご提案がある場合は、メッセージを送ってください、できるだけ早くお客様へ返信いただきます。
送信

お勧め リーディング