アート・3D・プリンティング|3Dプリンティングが切り拓く芸術創造の可能性

アート・3D・プリンティング|3Dプリンティングが切り拓く芸術創造の可能性
2021-06-28

3Dプリンティングは、新鮮さをもたらすために生まれ、デザインと製造を新しい形で実現します。アーティストたちは、このレイヤーバイレイヤー技術の生産性と、3Dプリント可能な素材の多様性を徐々に解き放ち、芸術的な作品を実現しています。

 

 

1.不可能を可能にする

3Dプリントの最大のメリットは、どんなに複雑なデザインでも個人的なカスタマイズを可能にする柔軟性にあります。ほとんどすべての分野で革命が起きています。3Dプリンターで作られたアクチュエータ、LED、オーディオ機器などの部品は、最終製品に直接組み込むことができるため、生産サイクルを大幅に短縮し、コストを削減することができます。また、ジュエリー市場でも例があります。3Dプリンティングは、高度にカスタマイズされた芸術品を作り出すことができます。フィリップ・ビーズリーの "Emotional Veil "は、3Dプリントが不可能を可能にすることを証明しています。

 


3Dプリンティング技術に触発されて、ファッションデザインの境界線は、もはや仕立て技術ではありません。これまで2Dでは実現が難しかった多くの構造や形状が、3D技術によって実現できるのです。

 


2.サイズの制限を超えて

アーティストは、小さな作品や大きな作品をデザインする際に、サイズやスケールが原因でデザインや実行に支障をきたすことがよくあります。しかし、3Dプリンターを使えば、それが障害になることはありません。例えば、ジュエリーデザイナーは、手作業で行うよりも複雑なデザインを作ります。精巧なディテールや繊細なパターンは、すべて3Dプリンターで正確に表現することができます。

 


3.最大限の生産能力

デジタル技術は、従来のプロトタイピング手法に革命をもたらしています。多くのジュエラーが、3Dプリンターを使ってオリジナルの試作品を作っています。デジタル3Dモデルのデザインを保存したり、アクセスしたり、コピーしたりすることで、制作プロセス全体で時間と投資の低コスト化を実現しています。宝石商や陶芸家は、デジタルで保存された1つのデザインをもとに、同じものを大量に安く、効率的にデザイン、試作、生産することができます。

 

 

4.美術品の修復と再現

3Dプリント技術は、まったく新しい作品のデザインや制作に使われるだけではありません。3Dプリント技術は、全く新しい作品をデザイン・制作するだけでなく、これまで修復が不可能だった歴史的な美術品の修復にも利用されています。美術品修復士は、修復前の骨董品を3Dスキャンで評価し、3Dモデル設計ソフトウェアを使用して、彫刻の既存部分を利用して失われた要素を再構築し、その後の修理を最大限に成功させます。 

 


5.国境を越えたメルティングポット

Nervous System'sは、コンピュータサイエンス、数学、生物学、建築学を融合させたユニークなアート、ジュエリー、家庭用品を制作しています。彼らのプロジェクトでは、生物学的プロセスなどの意外なソースからインスピレーションを得て、それをCADを使って新しい形にマッピングし、独自のセラミック樹脂素材を使ってセラミックにしています。

 


通常の設計・製造技術による制約を受けずに、3Dプリンターで制作することで、最も珍しい幾何学的なデザインでも構造的な整合性と耐久性を実現しています。デジタルツールは彼らのプロジェクトの礎であり、3Dプリントがアートプロジェクトの精神全体に影響を与え、制作方法の選択にも影響を与えることを証明しています。

 


3Dプリントアートの未来

3Dプリントとアートが融合して、より美しいものが生み出されていることは、紛れもない現実です。学生からプロまで、すべての人が3Dテクノロジーを創造的に活用し始めています。医療、材料開発、建築など様々な分野で応用されている3Dプリンティングは、アーティストがこれまで想像できなかった領域に踏み込むことを可能にします。

 

無料カウンセリング
ご質問があれば、ご遠慮なくメールでご連絡ください。
ご質問やご提案がある場合は、メッセージを送ってください、できるだけ早くお客様へ返信いただきます。
送信

お勧め リーディング